FC2ブログ

プロフィール

エルネスト・ねこジロー・ゲバラ・デ・ラ・セルナ

Author:エルネスト・ねこジロー・ゲバラ・デ・ラ・セルナ
もしねこジローが空想家のようだと言われるならば、救い難い理想主義者だと言われるならば、出来もしない事を考えていると言われるならば、何千回でも答えよう、「そのとおりだ」と。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ブーメラン 

もしこの状態が妥当だと思えるとすれば、それは逆の立場からもこの状況を経験することに同意していることになる

                                                         
                                                        ヴィンセント・ギリェム






【AFP=時事】(写真追加)パレスチナ自治区ガザ(Gaza)地区で19日、イスラエル軍の軍事作戦により新たに11人が死亡し、パレスチナ側の死者は300人を超えた。

 ガザ地区南部のハンユニス(Khan Yunis)では同日早朝、モスクの周辺が攻撃を受け、医療関係者によると女性1人を含む7人が死亡した。その後も空爆が続き、イスラエルが今回の攻撃を始めた今月8日以降の死者はパレスチナ側が307人、イスラエル側が2人になった。この他にパレスチナ側に2250人前後、イスラエル側に数名の負傷者が出ている。

 ガザ地区の状況は18日の日中は比較的静かだったが、イスラエル軍は夜になって戦車による砲撃や空爆など集中的な攻撃を始め、再び攻勢を強めた。

 ガザ地区救急当局広報のアシュラフ・アルクドラ(Ashraf al-Qudra)氏によると、ガザ北部で戦車が住宅を砲撃し、一家のうち子供4人を含む8人が死亡した。ガザ市の東部でも複数の攻撃で合わせて4人の子どもが犠牲になり、中にはまだ2歳の子供もいたという。



「2012年の黙示録」より引用させていただきます。
以下引用。

「霊性」とは自我の本体のことで「個性」の根源と考えてもよい。そもそも人類がこの地球という物質界に生活の場を求めて降誕してくる目的は物質界ならではの体験、仏教で言う生・老・病・死・苦・喜・怒・哀・楽などを通して霊性を磨き霊力をつけることにある。霊にとって物質界は「修行場」としての価値が大きいようである。その霊性の高さ・程度のことを「霊格」という。各自はその霊格に応じた波動の中で生活している。

物質界への降誕に際しては類魂(グループソウル)の一人が守護霊として、さらに複数が指導霊として付けられる。指導霊は生長に応じて交代があるが、守護霊は終生替わらず、苦楽を共にしながら、死後も案内役となってくれることが多い。ついでに付言すると、守護霊のことを英語でGuardian Spirit ないしは Guardian Angel などと言うが、いずれも日本語同様に「守る」という意味が込められているので、とかく苦難や病気や災害から救ってくれるかのように思われがちであるが、これは地上の人間的誤解である。

苦難には「苦難の法則」というのがあり、原因と結果の法則――「因果律」――によって裏打ちされている。必ずしも意識的な悟りを伴わずに、霊性を高め霊力を強めるように配慮されている。「天の配剤」というのがそれである。
なぜあれほど残酷なことが起きるのだろうと、理解に苦しむことがあるが、そういう体験をさせられる人は、それに相当する業を背負っているに違いないのである。
前世の因縁というのがそれであろう。それは必ずしも当人の犯した罪の報いとは限らない。
類魂の一人である守護霊のものかもしれない。だからこそ手出しができないのである。
そういう時は守護霊も共に苦しみ悲しんでいると思うべきである。

「神とは法則であるGod is the Law」というのがスピリチュアリズムの大原則である。
法則とは因果律つまり原因と結果の法則the Law of Cause and Effectのことで、霊性の進化を促すことを目的としては最後の小数点まで計算され、その結果には寸分の狂いもないというのが、高等な霊界通信の一致した表現である。

所詮、物質界は過酷なトレーニングセンターであるから、病苦や悲劇は覚悟しなければならない。よく奇跡的な治病体験が語られるが、それは法則を超えて治ったのではなく、その体験によって罪障が消滅して、そこに霊的次元の法則の働く条件が整ったことを意味するのであって、同じ不治の病の別の患者が同じ治療家の所へ行っても、その条件が整っていない場合、つまり機が熟していないかぎりは、何の反応も見られないことになる。

物理的法則が絶対であるように、霊的因果律もまた絶対なのである。あなたも今この時点において霊的存在であるから、ものを思い、心配し、喜び、あるいは悲しむといった心の働きは、肉体はもとより霊体にも幽体にも共鳴し、あなたという一個の人格(個性)を形成していく。

ここで改めて指摘しておきたいのは、人の道に反したこと、つまり良心が痛むようなことは、たとえ第三者に知られなくても、その事実そのものが精神体つまり魂に刻み込まれるということである。「神は木の葉一枚が落ちるのもご存じ」という先人の言葉はそういう意味である。この精神体つまり魂のことを近代の心理学では「潜在意識」と呼んでいる。
人間はこれを死後にそっくりそのまま持ち越す。

あらゆる運命学者、宗教家、文学者等々が共通して誤っている点は、運命というものを1つの観点からしか見ていないことにある。その現象の全てを、世俗的な因果律だけで説明しようとするところに誤りがあるのである。では、2種類の運命因果律とはどのようなものか説明しよう。

  1.世俗的運命
  2.非世俗的運命
  この2つである。

 〈世俗的運命〉

これは、一般にわれわれが運命と呼んでいるものである。あなたが神社のお神籤を引く時にはこの運命について占っているものだ。つまり、この世的な人生とそれに関わる吉凶禍福を指しているわけである。 一般に言われる因果応報はこの範疇に入り、悪いことを行なうと悪い結果が生じるとするものである。これを悪因悪果、この逆を善因善果という。
正しくは「悪因苦果」、「善因楽果」といい、結果として現象そのものを善悪で判断することの誤りが示されている。

しかし、仏教において正式なこの表現も、私に言わせると未だ不完全であり、これは「苦因苦果」「楽因楽果」と呼ぶべきである。なぜなら、行為そのものには結果同様に善も悪もないからである。善や悪という価値は、人間という秩序において、その社会規範に照らして語られているのであって、教理的な宇宙の構造からすれば、それは機能としての作用にすぎないのである。人はよくこんなことを言う。

①「あいつは悪いことばかりやっているのに出世し、自分は真面目に努力しているのに
   全く運も何もない」と。
②「あの人より私の方が優秀なのに、私にはちっともチャンスがない。因果応報なんて
   バカげた話だ」。
  さらには、
③「私はこんなに素晴らしい人間なのに、どうしてああいう人たちが私より幸せなのか」
  となる。

そのどれもこれもが理を解しておらず感情論を展開しているにすぎない。①でいう「悪人が出世する」理由はちゃんとある。因果律に反することは絶対にないのだ。つまり、ここにいう悪人は、出世するために、たとえあくどいことだろうが、それなりに一生懸命「努力」したということなのである。努力という種子が蒔かれた以上、それは時と共に成長し、ついには実を結ぶに至るのである。善悪などという人間の思惑に関係なくそれは機能する。

悪人といえどもその努力に対してはちゃんと成果が出てくれる。だから、成功もするわけだが、反面、利己的に行なってきたため、他人から反感を受けている。その反感は、集合無意識を通して彼の心の中に、ある種の抑圧を生じさせ続けるのである。また、実際に彼に対して敵意をむき出しにしてくる者もいるだろう。

人によっては、「今生」において全く何も支障がなく悪事が全うされてしまう場合もある。
それは一つの強運であるが、強運であればあるほど、それは始末におえないことになる。
なぜなら、その無意識のエネルギーは「来世」にも引き継がれるからである。

時間が経てば経つほど、それは巨大な化け物となっていく。その時点において、災いと呼ばれる決定的な事態を生じさせることになるのだ。

一般に因果律における矛盾は、因果律が支配する時間が「今生」のみに限定されてしまった点にある。「来世」以降も連続世界として捉えるならば、何らこの誤りが見出されることはない。


スポンサーサイト
2014/07/19 18:42|バカTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://0721neko.blog.fc2.com/tb.php/9-75446921

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 チェ・ねこジロー All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。